カバー画像

小切手とは?

【小切手とは】

小切手は、現金と同じように支払いのために使われます。
小切手で支払いをする人は、当座預金口座を開設して、銀行から小切手帳を発行してもらいます。 小切手での支払いは、当座預金口座から支払われるので、見合った額のお金を入金しておきます。

小切手は、高額の支払いの場合や、離れた相手に支払う場合などに、 現金を持ち歩くと盗難にあうなどの危険を避けるために、便利なものです。

小切手を受け取った人は、自分が利用している銀行へ持って行って、自分の口座に入金するか、 銀行で現金に換えてもらうことが出来ます。

【小切手の種類】

小切手

*持参人払小切手

小切手の持参人であれば、誰でも支払われます。


*線引き小切手

小切手の上部に2本の平行線が引かれた小切手。
これを銀行に持っていくと直接現金化しないで、持参した人の銀行口座に入金されます。 支払先が明確になり、盗難などの危険防止に役立ちます。
線引小切手には、銀行と取引があるものに対してのみ支払う「一般線引小切手」、 さらにその取引銀行を指定した「特定線引小切手」があります。 特定線引小切手を受け取った場合は、その銀行に口座がないと支払を受けとれません。


*先日付小切手

資金繰りなどを理由に、振出日を実際の日付より先にする小切手です。
気を付けたいのは、この先日付に法律的な効果がないので、 持参人が振出日以前に銀行に持ち込んだ場合、銀行は支払を拒絶できません。
そのため不渡りなどの原因になる場合があります。 発行先は、振出日を守る信用のおける相手の場合のみにした方が安全です。

日本ではあまり小切手は主流じゃありませんが、アメリカなどでは小切手文化が根付いていますよね。サインが無いと使えないという点から、現金を持ち歩くことよりも安全なのかもしれません。
ちなみに安全という点で、お金を借りる方法もキャッシングなどではなく市役所でお金を借りる手段もあるって知っていましたか?参考までに覚えておくことをおすすめします。